【シフト管理】アップデート情報のお知らせ

タスクと時間帯別必要人数が管理できるようになりました。

シフトを組む上で一番重要な点は「稼働するスタッフの希望スケジュールを加味し
バランスの良い人員配置を割り出すこと」ですが、売り上げ予測から最適な人員配置を割り出すために
「必要最低限何人必要か」「それぞれの人はどういったタスクをこなすか」という点も
管理者としては非常に重要な点になります。
今回のバージョンアップにて、タスク機能と時間帯別必要人数の機能を実現しました。
特定の店舗(所属)でしか行わないタスク、正社員の従業員しか行わないタスクのように、
タスクごとに「利用する店舗(所属)」「利用する雇用区分」が設定できます。
また、時間帯別必要人数では、タスクごとの必要人数も管理でき、実際の過不足の確認も分かりやすくなっています。

下図のように、あらかじめ必要人数として登録している人数に対し、
11時~14時の間ホール業務が1名足りないということが一目で分かりやすくなっています。

シフト管理画面

シフト表、タイムバー画面が印刷できるようになりました。

「KING OF TIMEシフト管理でシフトは組めるし、従業員にはスマホで共有できる。
でもやっぱり店舗に紙で貼りだしたい!」という要望をたくさんいただいていました。
その声にお応えし、シフト表並びにタイムバー画面のブラウザ印刷機能をリリースいたしました。
紙で貼りだすことを主目的としているため、従業員には見せられない人件費項目などは
印刷範囲の対象外となっています。

※一部のブラウザではタイムバーの印刷に対応していないため、正しく印刷することができません。
 Google Chromeをご使用ください。

スケジュール画面